銘菓の老舗 あさ川

あさ川ブログ
創業1872年(明治5年)、茨城が誇る和洋菓子創造企業「老舗の銘菓 あさ川」。原料からお菓子作りを考え、餡作りから全ての行程を、熟練の職人達がまごころ込めて作っています。

企業案内

経営理念

経営理念
社訓

阿さ川製菓株式会社は、銘菓や和洋菓子を製造・販売する茨城の菓子製造会社です。

 

あさ川では原材料からお菓子作りを考えています。自社敷地内から汲み上げた地下水を利用し、餡作りから全ての行程を熟練の職人達がまごころ込めて作り、お届けしています。

 

また、環境にやさしい企業であることを目指し、CO2削減のため源生林アシタバを活用した、カーボンオフセット事業に参加しております。

 

茨城県は農業産出額が全国第2位の農業大国です。当社ではさらに原材料について研究を重ね、今後は単に国産というだけではなく、県内の豊富で多様な農作物を活用し、「地産地消」の面に徹底してこだわった商品の開発を行いたいと考えています。

そのため地元大学との産学連携による体制の構築を図り、地域資源を活用した新商品の開発を行いました。

これからもお客様に心から喜んで頂けるようなお菓子をと日々努力研究を続けて参ります。

本社工場外観

アクセスマップ

企業情報

企業名 阿さ川製菓株式会社
住所 〒310-0843 茨城県水戸市元石川町富士山325-19
電話番号 029-247-8080
FAX番号 029-247-8999
ホームページ http://www.kashi.co.jp
代表者名 代表取締役 桐村 幸雄
資本金 70,000千円
従業員数 290名
創業 明治5年03月
設立 昭和25年06月
主要製品 水戸の銘菓「水戸の梅」をはじめとする、名産、銘菓、和生菓子、洋生菓子

沿革

1872年(明治5年) 創業。水戸市江戸町にて初代浅川巳之吉が和菓子の製造、販売を営んだことに始まる。
1905年(明治38年) 二代目浅川酉之介の時、水戸市向井町に移転する。
1909年(明治42年) 水戸市大工町広小路に店舗を移設。
1950年(昭和25年) 株式会社設立(資本金 150万)。三代目浅川保が代表取締役に就任し、経営の近代化、業務の拡大化を推進。
1955年(昭和30年) 大工町本店新装。喫茶部、二階ホール開設。
1957年(昭和32年) 平支店・平工場(福島市いわき市)建設。
1966年(昭和41年) 洋菓子部門を設立(ブランド名「ローザンヌ」。
1968年(昭和43年) 全国菓子大博覧会にて「偕楽」が名誉大臣、名誉大賞受賞。
以後、あさ川創作菓子を次々と創出し、全国菓子大博覧会において数々の賞を受賞。
1973年(昭和48年) 全国菓子大博覧会にて「まごころ」が名誉大賞受賞。
1977年(昭和52年) 全国菓子大博覧会にて「偕楽の梅」が名誉大賞受賞。
1983年(昭和58年) 資本金を7,000万円に増資。
1984年(昭和59年) あさ川新本社・工場を現在地に新築(見せるクリーン工場)。
既存5工場等施設を移転統合し、いっそう品質管理向上に邁進。
1993年(平成5年) 「食品衛生優良施設」として茨城県知事賞受賞。
1994年(平成6年) 全国菓子大博覧会にて「梅古木」が名誉総裁賞受賞。
1998年(平成10年) 「水戸市認定優良工場」の認証指定を受ける。
「食品衛生優良施設」として(社)日本食品衛生協会会長賞受賞。
全国菓子大博覧会にて「八菓撰」が茶道裏千家家元賞受賞。
2000年(平成12年) 食品衛生全国大会にて「食品衛生優良施設」として厚生大臣賞受賞
(菓子工場で県内初の受賞)。
2002年(平成14年) 全国菓子大博覧会にて「妹ほっかり」が全菓博会長賞受賞。
2003年(平成15年) 3月に県食品衛生協会よりHACCPを取り入れた「衛生管理実施施設」の認定を受ける。
「水戸市認定優良工場」の再認証指定を受ける。
2009年(平成21年) 「水戸市認定優良工場」の再々認証指定を受ける。
2012年(平成24年) 創業140周年、株式会社設立60周年となる。
2014年(平成26年) 「水戸市認定優良工場」の再々々認証指定を受ける。
ページの先頭へ